So-net無料ブログ作成
検索選択

川村明宏のジニアススタディーの新事実と解決高速公路塞車的妙招

どもども!こんにちは。

現在川村明宏のジニアススタディーレビュー特集中です(^^)川村明宏のジニアススタディーは、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?↓↓
川村明宏のジニアススタディー体験評価はこちら

メインサイトでは、ホットラインさん作の情報教材川村明宏のジニアススタディーを体験した上で、特典付きでお届けしています。

購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・詳細はこのページのリンクからご確認下さい。↓↓
川村明宏のジニアススタディー体験評価はこちら

ちなみに、あとはテキトー日記です。スルーして下さい(笑)

今日のあさごはんは筍ご飯と、ハムエッグと赤味噌のおみそしる
ナイスな感じでしょ?

ゆっくり15分掛けて完食、9時46分に我が家を後にしました。

最近出来たデイリーストアに入店して、ウコンの力をポイントでゲット(^^ゞ

二日酔いの後は、これに限りますよね^^;。

店舗に出勤したら、日々の日課のnewsを確認すると
今朝のニュースは・・・
↓↓
【AFP=時事】パキスタン北西部ペシャワル(Peshawar)の外れにあるイスラム教シーア派(Shiite)のモスク(礼拝所)と神学校で21日、自爆攻撃があり、当局によると15人が死亡、25人以上が負傷した。

【写真3枚】現場の様子

 標的となったモスクは、シーア派が住民の多数を占めるグルシャン・コロニー(Gulshan Colony)内にある。ペシャワル市は、パキスタン北西部のアフガニスタンとの国境沿いにある部族地域に隣接しており、この地域はアフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)と国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系武装勢力の主要活動拠点となっている。

 この攻撃の数日前には、米国当局がアフガニスタンのタリバンとの和平協議をカタールの首都ドーハ(Doha)で開始したいとの意向を表明したばかりだった。

 警察当局者はAFPの現場取材に対し、「徒歩で近づいた自爆犯は、最初にモスク外を警護していた警察官たちに向かって発砲した後、礼拝所に入って、礼拝を直前に控えた信者たちの中で自爆した」と語った。

 別の警察官はAFPの取材に対し、当初は少なくとも3人の自爆犯が攻撃を実行するつもりだったと述べた。「そのうちの2人は、共犯者の1人が礼拝所に入って自爆を遂げたので逃げた」という。

 犯行声明はまだ出されていないが、パキスタンでは、イスラム教の少数派シーア派に対するスンニ派(Sunni)の過激派による攻撃が増している。シーア派はパキスタン総人口1億8000万人の20%に上る。【翻訳編集】 AFPBB News
(この記事はAFP=時事から引用させて頂きました)

・・・どうりで。
大して・・・って感じですね。

そんな事より、仕事の話(^^)
上手く捗れば何も売らないアフィリエイトに17時間と、セミナー受講に2時間。

ちょっと辛いけどボクであればひだり手いっぽんです(^^♪

ガンガン稼がねば!

そうそう、動画でこんなの
↓↓


ありゃりゃ(汗全く関係無い?
ま、いっか(笑)

まあそれは置いといて夜ごはんは何しよ?
ステーキかチャーハンが食べたいよ~!(^^)!

これも良いか?
↓↓


たぶん今度の記事更新は明後日になるかも・・・
お待ちしております。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。