So-net無料ブログ作成

川村明宏のジニアススタディーの効果と健康21 01 食生活を点検する その1

こんにちは^^

今日も川村明宏のジニアススタディーレビュー特集中です(^^)川村明宏のジニアススタディーは全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…↓↓
川村明宏のジニアススタディー検証レビューはこちらこの教材は本物です!
ホットラインさんが世に放つ情報教材川村明宏のジニアススタディーをオリジナル特典付きでお届けしています。

※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。↓↓
川村明宏のジニアススタディー検証レビューはこちら

て事で、あとはぐうたら日記です。読み飛ばして下さい^^;

今朝の朝ごはんはやっぱりご飯と、ゆでたまごと白味噌のおみおつけ
最高のメニューです。

ゆっくり15分掛けて完食、9時46分に我が家を出発しました。

最近出来たホエールズマートによりみちして、ボスのコーヒーをサクッと買いました。

これが無いと、調子狂います。

お店に着いたら、日課のニュースを覗いてみると
トップニュースは・・・
↓↓
韓国聯合ニュースは24日、韓国産業通商資源部が訪韓中のサウジアラビア高官と長官級会議を開催し、原子力エネルギー分野における協力案について意見交換が行われたと報じた。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

尹相植・韓国産業通商資源部長官や、サウジアラビアの「アブドラ国王 原子力・再生可能エネルギー都市(KA-CARE)」のヤマニ総裁らが出席した。

尹長官はあいさつの中で、「韓国が積み重ねてきた原子力技術は、サウジアラビアの原子力エネルギー事業の発展にプラスになるはず。韓国は原子力発電の質をさらに引き上げ、世界一流レベルの到達に向けて努力している」と述べた。

サウジアラビア側も、両国の原子力技術の研究・開発と人材交流における協力に期待感を示したという。

サウジアラビアの発電所は原料をすべて石油と天然ガスに頼っている。同国政府は2014年から原子力発電を海外に発注することを決定、原発建設を推進している。中国、日本、フランスなどが受注に向け、激しい競争を展開しているほか、韓国も2011年末、同国と「原子力発電協力協定」を締結している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
(この記事はXINHUA.JPから引用させて頂きました)

へー・・・
本当かな~

それはそうとえっと、予約表を見てみると
予定通りに進めばステップメールアフィリエイトに11時間と、セミナー受講に2.5時間。

簡単だからかんたんに済むでしょう(^^ゞ

稼ぐぞ~

稼ぐとなれば、こんなのあります。
↓↓


あちゃちゃバカみたい?(笑)
そー言わないで!

さてさて今日のよるごはんは何しよ?
からあげかお茶漬けがくいてーなー^^;

これも良いか?
↓↓


多分今度の記事更新は今日の夜でしょう。
ということで、一旦さようなら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。